• Terrasu

CoQ10 による心疾患の治癒

CoQ10 は高エネルギーを必要とするため、心筋細胞内に極めて高く濃縮されることで知ら れています。

過去 14 年間、CoQ10 に関する大多数の臨床研究は心疾患に焦点を置いてきま した。

特に、鬱血性心不全(多様な原因による)は、CoQ10 の著しく少ない血液と細胞に 強い相互関係を示してきました。

心不全の重症度は CoQ10 欠乏の重症度と相互に関連して います。

心不全の進行を止めることができない場合でも、CoQ10 欠乏は主に治療できる因子のようです。


超音波心臓検査によって測定された、心機能に対する CoQ10 の補足とプレセボの比較に関 する実験がいくつかあります。

心機能は心臓からそれぞれの鼓動で(駆出分画)送り出された血液により表され、それは患者の疲労や呼吸困難、胸痛、動機の症状に対し緩やかで 持続的な速度で回復しました。

心臓が正常な大きさの患者において CoQ10 のみを用いた場 合、改善の度合いは時に劇的でした。



CoQ10 を用いて心疾患を治療することに関する、少なくとも 9 つのプレセボ研究が国際的 に行なわれてきました。

2 つは日本で、2 つは米国、2 つはイタリア、2 つはドイツ、残り の 1 つはスウェーデンです。これら 9 つの研究の全ては、優れた安全性と共に CoQ10 の効 果を確認しました。

いまでは CoQ10 に対する生物医学的臨床的見解に関する 8 つのシンポ ジウムがあります。これらの科学的文献の大多数は日本からのものです(34%)。


臨床実験 の大多数は心疾患治療に関係しており、結論は完全に首尾一貫しており、それは CoQ10 に よる治療は副作用や薬物間の相互作用もなく心筋機能を非常に回復させたというものです。

しかし上記の全ての研究において、CoQ10 が単独ではなく西洋医薬に付加されて使用され たことに注意しなければいけません。

本能性高血圧症患109人を対象にしたある実験では、 CoQ10 の治療を始めた後、51%の患者は平均 4.4 ヶ月間 1 つから 3 つの降圧剤の使用を止 めることができ、またニューヨークハートアソシエーションによる心不全の強度は 2.40 か ら 1.36 に改善しました。拡張機能が改善されると高血圧症は減少します。



CoQ10 に付随す る心臓脈管薬の摂取量が穏やかに減少、または中断したことを示したもうひとつの実験が あります。

心疾患患者 424 人のうち 43%は、CoQ10 の治療により 1 つから 3 つの心臓脈管 薬の使用を止めることができました。

CoQ10 のようなビタミン物質は、マクロそし てミクロ的なアプローチを補い拡大しながら、疾病に対する細胞/生化学治療の新たな時代 の先導者となるだろうと結論付けます。

CoQ10 は全細胞が最適に機能するために不可欠のため、CoQ10 栄養補助製品に好ましい反 応を示す多様な病状があるのは当然です。

全ての代謝活性組織は CoQ10 欠乏に非常に敏感 です。

活性酸素殺菌剤としての CoQ10 の機能は、CoQ10 欠乏の様々な兆候と関連していま す。

注意が払われてきた疾患に癌があります。

血液中の CoQ10 値が低い癌患者は気をつけなけ ればいけません。

もっとも良いデータは、化学療法薬であるアドリアマイシンの心毒性が著しく減少したという記録です。

アドリアマイシンの心毒性とそれに関連した薬は、活性 酸素の生成とおそらく関連しており、活性酸素殺菌剤としての機能する CoQ10 の効果を説明できるかもしれません。


もうひとつ興味深いことは免疫と CoQ10 の関係です。

免疫機能は非常に複雑で、多数の栄 養の変化によって確実に影響を受けます。

エイズ患者の研究データで有望なものがありま す。

他の疾病をも打ちのめすエイズは、CoQ10 の著しい欠乏と関連してきました。

適切な CoQ10 の摂取は十分な水分を補給することと同じで、重症患者に対するいかなる治療も CoQ10 の摂取を無視すべきではありません。

なぜなら欠乏は容易に測定され治療できるか らです。

CoQ10 の特質を消滅させる活性酸素の酸化防止剤は、LDL コレステロール(ビタミン E よ りも非常に効果的)の酸化を著しく抑制するだけでなく、組織への酸化的損傷も非常に減

らす役割を持ちます。

これはアテローム性動脈硬化の進行を潜在的に遅くするだけではなく、虚血や再潅流障害の治療にも関連しています。

老化に関する活性酸素の理論により、 これらの CoQ10 の酸化防止特質が、老化を遅らせることや老化と関連した変性疾患と明ら かに関係しているといえます。

二十歳を超えると CoQ10 は徐々に減少することを一様に示 した疫学的証拠もあります。


最近まで、細胞のミトコンドリア区画へのエネルギー変換に対する CoQ10 の必要性、また は CoQ10 の抗酸化特質に焦点が置かれてきました。

新しい証拠は CoQ10 が他の細胞膜に も存在することを証明しました。

外膜、特にリンパ球においてそれは細胞の成長を調整す る一因となるかもしれません。

心不全における CoQ10 を用いた臨床実験はまさに劇的であ り、増え続ける知識のなかで全医学分野が再評価されなければならないと考えるのに十分です。

我々は CoQ10 の生化学的で臨床的な応用方法と、生体エネルギー学と活性酸素科学 に関連する分野にほんの少し触れてきただけに過ぎません。

18回の閲覧0件のコメント

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com