• Terrasu

総合健康補助製品が含有する特定栄養素に関する情報




共生(バクテリアの前進形態) ラクトスポア®は乳酸菌共生で、オレンジカウンティ健康科学研究所はこの成分を含有する総合的栄養補助製品を極めて推薦します。

発酵乳は大昔から人間の食餌に不可欠でした。

胃腸疾患を緩和する際の効力は全世界の西洋医学体系の中に利用されてきました。


乳酸菌は発酵乳や人間の胃腸管に自然に存在する常在微生物叢で、治癒的で予防的な機能によっ て長寿の原因となると考えられていました。

胃腸ミクロ生態学における乳酸菌の役割は、広範囲にわたる研究課題です。

これらのバクテリアは拮抗阻害となる非導電性酸性環境を作り出し、抗生物質のような物質(バクテリオシン)を製造することにより、不健康の原因となる腐敗性微生物の成長を防止します。 それらの代謝産物はビタミン B グループを含むでしょう。


タンパク質分解、脂肪分解、ベ ータガラクトシダーゼ作用は摂取された栄養素の消化吸収率を促進し、よって健康に良い栄養素の効能を最大限にするのに価値があるのです。

乳酸菌はまた皮膚や粘液にコロニーを作り、皮膚や尿生殖路の細菌や真菌感染を予防します。乳酸菌には膣感染症を予防する 役割があります。

それは膣上皮細胞のグリコーゲンを利用し、この環境における 4.0 から 4.5 のpH 値を維持するのを助ける乳酸を生成し、膣感染症の原因であるカンジダ・アルビ カンスや膣トリコモナス、その他の不特定のバクテリアのような病原体の成長に対する非 導電性環境を作り出します。

乳酸菌の著しく減少した腸内細菌と糞中の腐敗性病原体の増加という相反する均衡は、食

物アレルギーや湿疹のような症状に観察されてきました。

腸内健康を保護する乳酸の有益 な役割は広範囲にわたり証明されてきました。

近年では、腸内微小植物とそれらの健康に対する影響の関係に興味が集中してきています。


人間の胃腸管に関する生態系は非常に複雑で、500 種以上の細菌が移住しています。乳酸菌 は通常、腸内細菌叢にわずかな割合しか存在しませんが、代謝機能にとって彼らは重要で す。細菌の無い幼児の胃腸管を産後間もなく正常な腸管内菌叢で移植するのは 2.4%の乳酸 菌です。この種の一般に存在する乳酸菌にはビフィズス菌(ビフィドバクテリウム・ビフ

ィズス菌)やアシドフィルス菌、カセイ菌、フェルメンタム菌、サルバリウス菌、ブリビ

ス菌、レイチマニ菌、プランタラム菌、セロバイロサス菌が挙げられます。糞の乾燥重量

の 3 分の 1 は細菌で構成されます。


大腸癌の危険性が高い人々において、ステロイドを急激に代謝し、グルクロニドを加水分解する腸管内菌叢が潜んでいることが発見されてきました。

生存能力のある乳酸菌を大量に含んだ食餌は、身体におけるこれらの活動を著しく減少させます。

正常な人間の糞叢は 以下の微生物を含んでいます。

微小生物 生存可能コロニー(糞便 1 グラム内) 大腸菌 100 万-10 億 ウェルシュ菌 0-100 万 連鎖球菌 1000-100 万 バクテロイド 100 万-10 億 乳酸菌 1000 万-100 億

人間の胃腸管における代謝活性過程において、これらの微小植物は複合され摂取された食

物成分を、容易に消化できる形態に変換し、解毒化し、人間にとって重要な栄養的で健康

に良い代謝産物を製造します。

これらの微小植物と人体の共生関係には繊細なバランスが 存在しています。

腸内微小植物の構成は常に変化していて、食餌や感情的ストレス、年齢、抗生物質や他の 薬物を用いた治療等の因子により影響を受けています。

一般的に、乳酸菌は酸に耐久性があり、胃の酸性環境内において存続し、繁殖することが

できます。胃腸管の常在微生物叢の最適バランスは健康と関わっています。利益をもたら す細菌と潜在的に有害な細菌の均衡は EUBIOSIS と呼ばれます。


現代に存在する圧力を考慮すると、胃腸管内の正常な健康的にバランスの取れた微小植物の数は困難な課題です人間は食生活の変化や気候の変化、旅行、抗生物質や免疫反応抑制剤による治療を必要とする身体疾患などの多様なストレス環境にしばしばさらされています。


そのような不都合な状況下において、有害な細菌は優勢になり、正常な胃腸機能を害し、消化不良や下痢、便秘、膨満感から胃腸管疾病に渡る様々な問題を導くような不均 衡を作り出すかもしれません。 腸内細菌叢のバランスを回復させる論理的方法は体に良いバクテリアを使用することです。

しかしながら胃腸管内のこれらの微生物の存在と有効性に関する報告には問題が多くあります。


これらの微生物は生存できる生物として摂取されても、強い酸性の胃腸環境という 厳しさにおいて多くの場合は生き残れません。


乳酸菌の有益な影響を与えるために、乳酸菌製品は健康を促進するために有効です。

報告されたこれらの製品の健康に対する影響には大腸炎や便秘、下痢、膨満感、胃液酸度、胃腸炎、歯肉炎、高コレステロール値、肝性脳症、腫瘍形成を含む疾病の治療における効能

があります。


しかしながらこれらの報告は胃腸管内の叢の生存性の相違のせいで、意見が 分かれています。見事な移植は以下の 3 つの基準に依存しています:


1. 摂取形態から貯蔵の過程において生存を維持できる活きた多くの乳酸菌

2. 投与後、酸性の胃腸分泌に生き残れ、腸まで安全に運搬されることのできる乳酸菌

3. 病原体に対抗する十分な量の代謝産物の製造。

これらは L(+)乳酸菌とバクテリオシンを 含む。

ブルガリア菌、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、カセイ菌、ブレビス菌、S好熱菌を含

む多種の乳酸菌が調査されてきました。

治癒的使用にとって最も良い候補と長い間考えられているアシドフィルス菌は、いくつかの胃腸疾病を緩和するのに効果がないことが証明 されてきました。

また D(-)乳酸を製造し、それは効果的な拮抗薬ではなく、実際に代謝障 害となるかもしれません。


乳酸菌の中で優れて有望な種類はスプロジェンス菌で、Bacillus coagulans とも呼ばれます。 この種の乳酸菌は、腸内に存在する他の利益的な生物よりはるかに優れた、深く利益的な関係を身体と持ちます。

このため、この微生物は単なる体に良いバクテリアというよりむしろ共生であると言えます。


この種の胞子形態は、胃の酸性環境において活性であり、腸 内で発生し増殖し、好ましい L(+)形態の乳酸を生成し、病原体の成長を効果的に防止しま す。

実際にはこの過程は生存できる細胞をゆっくりと放出することと同等である可能性があり、長期に渡り効果的で利益的な微生物活性の一因となります。


スプロジェンス菌の胞子は治療が中断されたはるか後に、人体システムからゆっくりと分泌されます。世界健康 保険機構が成人の D(-)乳酸摂取を制限することを推薦し、乳児の栄養補助製品におけるこ の乳酸形態の使用を完全に禁止したという事実を考慮に入れると、スプロジェンス菌は幼 児の栄養補助製品に好ましい乳酸菌です。

ラクトスポア®は臨床実験において、胃腸管疾病や、膣感染症、高コレステロール血症、乳 糖不耐症、肝性昏睡、前昏睡の治療や、抗生物質治療の補助として使用されてきました。

共生としての乳酸スプロジェン菌の効果 臨床実験はスプロジェン菌が腸内で見事に増殖する可能性があることを証明してきました。


前に述べたように、スプロジェンス菌は効果的な共生に不可欠な事項を満たしています。 総合的栄養補助製品のスプロジェンス菌は以下の特質を持っているでしょう。

1. 薬剤投与形態の調合と消費前の貯蔵の間、生存し続けることができる生存可能な乳酸菌   を大量に含む。


2. 胃液分泌と上部消化管の胆汁において生存でき、安全に腸に到達することができる。


3. 消化管で安定し、病原体バクテリアの成長を抑制する十分な乳酸菌と他の拮抗物質を製

造する。

胞子を形成しながら、それらは好ましい状況下で発芽し、増殖し重要な健康機能を果たす

のに十分に生存可能な細胞を製造します。

さらにスプロジェンス菌胞子は絶対的に存在す るものではなく、身体から徐々に排出されます。(摂取中断 7 週間後)

18回の閲覧0件のコメント

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com