• Terrasu

白内障予防

グリコシル化と糖化は、身体で非機能的構造(クロスリンク)を形成する糖とタンパク質

の結合を表すのに使われる言葉です。

糖化誘発タンパク質クロスリンクは目のレンズや脳、皮膚のコラーゲンにおいて最も良く見られます。


タンパク質糖化は白内障の進行に関係し ています。

科学者は近年、レンズプロテインの糖化に対する L カルニチンとアセチル L カ ルニチンを評価しました。

結果はアセチル L カルニチンが 42%糖化を抑制し、L カルニチ ンは何の影響も与えませんでした。

さらなる評価はアセチル L カルニチンが糖化最終産物 (AGEs)を 70%減少させたことを証明しました。


この研究は初めてアセチル L カルニチ ン(L カルニチンではなく)が、接眼レンズにおいて糖化媒体のタンパク質損傷を保護することにより白内障を予防するかもしれないことを示しています。

まとめ アセチル L カルニチンに関して発表された多くの研究は、アミノ酸の多様な効果に対する 我々の注意を高めてきました。

研究はアセチル L カルニチンが若者の脳や、心臓、肝臓、 末梢神経、免疫機能における細胞機能に重要であることを示しています。

このアミノ酸がCoQ10とアルファリポ酸と共に摂取されるときに生み出す潜在的な老化防 止効果を理解するとき、アセチル L カルニチンの摂取はさらなる検討材料となるのです。

生活習慣病を予防し老化を遅らせる、相乗的に働く有力な栄養素トリオ アセチル L カルニチン、アルファリポ酸、CoQ10 という 3 つの優れた栄養素のコンビネー ションは老化に伴う身体の細胞機能を支えます。

アセチル L カルニチンはアミノ酸代謝産 物、L カルニチンが安定化した形態であり、身体でそれと同じように利用されます。


アセチ ル L カルニチンは長鎖脂肪酸の運搬と活用において重要な役割を果たし、それはエネルギ ー生成に利用されます。

アルファリポ酸は水と脂のどちらにも溶解する特性のため“万能 な酸化防止剤”として知られます。


それは体内のビタミン C と E の寿命の効果を増加させ ながら、保持し延長する機能を持ちます。

アルファリポ酸はまた金属、特に水銀とカドミウムを解毒するのに優れ、それらと結びつき中和し、排出します。細胞にとっての必須化合物であち、通常のエネルギー生成過程においてミトコンドリアによって利用されます。


それは非常に基本的な細胞の値で食物をエネルギーに変換するのを助ける酸化防止剤です。 CoQ10 は癌や、心疾患、活性酸素損傷と関連した他の疾病を予防する役割を果たすでしょ う。それはまた一般の老化防止のための栄養補助製品としても使用されます。

化合物の値 は老化(と特定の疾病)に伴い減少するので、おおよそ 40 歳から栄養補助製品を摂取し始 めることを勧める医者もいます。

これらの 3 つの栄養素のコンビネーションは、身体の活性酸素の生成を減少させることに より、細胞の寿命を伸ばし、酸化ストレスの破壊を減少するのに極めて効果的です。

ALC、 ALA、CoQ10 は身体の化学的エネルギー形態であるアデノシン三リン酸(ATP)の生成を促進します。

ATP は正常な DNA と関連した少なくとも 2 つの機能を持ちます。ひとつは DNA が移動し活動するのに必要なエネルギーを与え、もうひとつは生化学者が“アデニン 環”と呼ぶものを DNA 構造に与えます。


ATP がないと、DNA を作ることはできす、特定 の栄養素がなければ、ATP を作ることもできません。これらの栄養素は損傷を受けた DNA を回復させ、新たな DNA と遺伝子を作るのを助け、それは治癒や正常な成長に必要な新しい細胞を生成するのに必要です。

30回の閲覧0件のコメント

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com