• Terrasu

健康への利益 アセチル L カルニチン とアルファリポ酸

酸化防止剤として機能することに加え、この働き者の栄養素は食物からタンパク質や炭水 化物、脂質をエネルギーに生成する際にビタミン B を助けます。

アルファリポ酸は病院において、急性キノコ中毒や、その他の肝臓に影響を与える急性中 毒の治療のため点滴内に入れ投与されます。

研究はアルファリポ酸が HIV 感染、肝臓への滋養物、緑内障を含む様々な疾病の治療に期 待できるものであることを証明しています。そして合併症が糖尿病になるのを予防する研 究にもっとも力が入れられてきました。

思いがけない老化防止効果に向けた新たな研究分野


人気のある L カルニチンと異なり、アセチル L カルニチンとして知られる生物学的活性体 は身体の全細胞のエネルギー生成を促進します。

近年 2 つの研究は高齢者集団における細胞呼吸を増加させるアセチル L カルニチンの独特な機能を示しています。



カリフォルニア 大学バークレー校の研究は、アセチル L カルニチンの補充が、老化と関連したミトコンド リア膜機能の減少を極めて回復させることを示しました。

バークレー校の同じような 2 つ 目の研究も、老化と関連したミトコンドリアの衰退を回復させるアセチル L カルニチンの 機能を証明しました。

アセチル L カルニチンは老化と関連し衰退する身体の細胞を保護すると証明されてきまし た。臨床研究のほとんどは脳に焦点が当てられ、機嫌や記憶、認知の改善がアセチル L カ ルニチンの投与に反応して観察されました。



細胞のミトコンドリアに対する脂肪酸の初期 の運搬を促進することで、アセチル L カルニチンは食餌による脂質をエネルギーと筋肉に より効果的に変えることができます。

加えて、アセチル L カルニチンは免疫能力を維持し、リポフスシンと呼ばれる細胞に付く色素の形成を減少させることも証明されました。

しかしながら最も重要なアセチル L カルニチンの老化防止効果は、CoQ10 とアルファリポ 酸と共に機能し、ミトコンドリアの機能を維持することです。

ミトコンドリア機能が衰え ると、慢性疾患は避けられない症状になります。

このようにアセチル L カルニチンは総合的な老化防止栄養素なのです。

近年発表された研究はこのアミノ酸が以前に考えられていた以上に効果を持つ可能性を示 しています。


アセチル-L-カルニチンは中枢神経系や末梢神経系に広く存在し細胞内における脂肪酸の代謝に重要な役割を果たしています。

神経細胞のダメージの修復や再生を促進する効果が知られており、さらに、様々な原因で引き起こされる知覚過敏や神経性疼痛を改善する効果が報告されています。


食材におけるL-カルニチンは肉類と乳製品。

特に、肉の赤身(骨格筋部分)にL-カルニチンの含有量が多い。


食品可食部100g当たりに含まれるL-カルニチン量

羊肉167.8mg

ハム・ソーセージ28.7mg

豚肉21mg

鶏肉10.2m

g豆類5.7mg

22回の閲覧0件のコメント

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com