• Terrasu

カルノシンパッチについて


アミノ酸の一種であるカルノシンは、抗酸化力が強いです。紫外線などで肌のたんぱく質が酸化されると、アルデヒド類である活性カルボニルという物質が細胞内に発生します。その結果、コラーゲンなどのたんぱく質が過剰に架橋して、肌の弾力が低下するのです。

さらにカルノシンは、活性カルボニルを消失させ、肌のハリやシワを改善する働きがあります。


そして脳疲労回復にも非常に大きな力を発揮します。

カルノシン は、年をとるにつれて悪化する閉塞性動脈疾患であるアテローム性動脈硬化の初期段階の予防に有望です。

中年の成人における冠状動脈閉塞と虚血性脳卒中の 有病率の低下にもかかわらず、これらの血管障害は障害と死の主な原因のままです。

アテローム性動脈硬化症になりやすいマウスにカルノシンを補充すると、大動脈弁のアテローム性動脈硬化プラークの形成が減少し、アルデヒド複合体の蓄積が減少しました。1

大動脈弁狭窄症 は70歳以上の人に特に多く見られ、慢性心不全の原因となる要因です。


カルノシンは体重増加を減少させます。


• カルノシンは、危険な白い脂肪から有益なエネルギー燃焼性の褐色脂肪への変換を増加さ せます。これにより、全体的な体脂肪量を減らすことができます。

• カルノシンは 、酸化ストレスによって損傷を受ける可能性のある循環脂質のレベルを下 げるのにも役立ちます。これは、動脈のプラークの直接的な原因です。(過剰な体脂肪、 酸化ストレス、不安定なLDLコレステロールは、老化プロセスに関連する慢性変性疾患の 危険因子です。)

• カルノシンは、酸化脂質とそのアルデヒド副産物を結合し、無害にすることで中和するの に役立ちます。カルノシンは動物の体内でアルデヒドを「引き抜く」ことが示されていま す。


これらの発見は、加齢とともに起こる血管と筋肉の損傷の理解の進歩を表しています。

危険なアルデヒドからの保護をします。

カルノシン は、体内の酸化脂肪と血液中のリポタンパク質(LDLなど)の有害な影響から 保護する方法を探している研究者によって研究されています。

アルデヒド は、酸化性化合物が体内の脂質やタンパク質構造を損傷した場合に生成され る有毒化学物質です。これらのアルデヒドは、心臓の動脈と構造(筋肉、弁、冠動脈な  ど)に損傷を与えます。

 

 


カルノシンは、凝りのある部分に直接貼っても驚きの効果を発揮します。

その他カルノシンには使用者しか知り得ない驚きの体験談が多数寄せられています。

X39をはじめ他のパッチと組合わせる事でさらにパフォーマンスが上がります。


・ダイエット(エネルギー燃焼効率を上げる)

・器官の生体電気的特性を改善する

・集中力の UP(レーサーが額などに付けてレースに出場します)

・細い線としわの出現を軽減するのに役立ちます*。

・スタミナが最大 125%増加することが臨床的に示されています*

・強度と柔軟性を向上 ・全体的な健康を改善します

・器官の生体電気特性を改善します

・カルノシンは人体に自然に存在する体内物質である

・体を老化すると、カルノシンのレベルが低下し始め、補給の必要性がある

・カルノシンは抗酸化物質であり、私たちの全体的な健康に重要な役割を果たす

・カルノシンに関する研究は、アルツハイマー病の原因の一つであるプラークから脳を保  護できることを示している

・カルノシンの研究は、他の栄養素よりも DNA をより良く保護することを示している

・ カルノシンは、古い細胞を若く健康な細胞に変えるユニークな能力を持っている

・ カルノシンは、結合組織の修復を介して創傷治癒を促進することが知られている

・ 運動能力を改善するためにカルノシンを使用するための特許が発行されている

・ 光線療法の特許取得済みの独自形式

96回の閲覧0件のコメント

重要事項:当サイト  https://www.terrasu4771.comはLifeWaveのパッチを使って医学上の主張をしておらず、目的は、ライフウェイブ社が提供するフォトセラピーパッチを詳しく説明するサイトです。したがって適切な免許を持った医療従事者による適切な診断と治療の代わりになりません。会員および非会員は、特定のケースに対する特定の治療について資格のある医療従事者に相談することを強くお勧めします。

thKE3V4CQ2.jpg
th6V5VU1YN.jpg
th8RI3UL16.jpg
th06179X3H.jpg
  • Facebook
  • YouTube

©Shigezou terrasu. Proudly created with Wix.com